消費者金融へ過払い金請求をしよう! 

過払い金強奪プロジェクト「ワルの超借金返済術!」

消費者金融(サラ金)に借金をしている方、過去にされた方!違法な金利で借りてはいませんか?違法金利で借りた場合過払い金が発生します。過払い金はあなたのお金です。間違いなく取り戻せます。

サイトマップ

クレジットカードでも過払いになることがあるが

クレジットでは取引経過は3種類

クレジットカードには「リボルビング方式の借入れ」「翌月一括返済のマンスリークリア方式の借入れ」「ショッピング」の3種類の使い方があります。



それぞれに応じて取引経過も3種類になり、それぞれの取引経過について別々に計算するのが原則です。

キャッシングで過払い金が発生していたらショッピングの未払い金からマイナスして、過払い金の残高を確定します。

ショッピングについては、引直計算をしても過払いになることはあまりなく、利息計算も複雑で手数料もついたりするので計算しなくてもいいかもしれません。

借入れに関しては、リボ払いと翌月一括払いとを一本化して計算する方法と、別々に計算する方法があります。

リボ払いと翌月一括払いを別々に引直計算して、発生した過払い金と借入残高とを差し引き計算して合計を出した場合と、一本化して計算した場合とで、一本化して計算したほうが多少過払い金の額が大きくなるのですが、さほどの差ではありません。

クレジット会社は一本化で計算した過払い金の請求をしても支払いには応じてくれないので、それで裁判に持ち込むよりも、別々に計算したものを合算して過払い金の返還請求をするほうが利口なやり方かもしれません。

早い解決を望み、なおかつ借り手本人が過払い金返還の請求をするのであれば、初めから別々に計算して、クレジット会社と和解するのがいいと思います。


過払い金の返還は容易でない?

過払い金の返還請求に対してサラ金はできるだけ支払いをゼロにしたいと思っているのです。

何かと理由をつけて取引経過の開示を拒否したり、ゼロ和解を持ちかけてきたり、何とか借り手を諦めさせようとしてきます。

サラ金の口車に乗って理不尽な提案に乗らないように気をつけてください。

過払い金返還請求では借り手が必ず勝てるのですから。

サラ金が取引経過を出してこないということは過払い金がある可能性がかなり高いということだと判断していいと思います。

取引経過なしで計算する方法もありますし、過払い金が100万円を超えるようなら弁護士をたてても割が合うでしょう。

簡易裁判所に訴えるのなら、弁護士ではなくて司法書士に依頼することもできます。

専門家に依頼することなく、自分でやってまるまるお金を残せる、過払い金返還請求マニュアル。
借金を減らしてお金が戻ってくる
サラ金への返済は法律違反
悪いのは金を貸すサラ金
今すぐ借金をゼロにできる
サラ金は違法な金利で金貸し
払い過ぎた借金を取り戻せる
4年で半額7年でゼロになる
過払いなら戻ってくる
過払い金を取り戻すために
サラ金の出方やり方
取引経過請求
借入を開始した日を思い出す
取引経過がごまかされていたら
取引経過を開示しなかったら
過払い金返還請求のデメリット
取引経過から過払い金を計算
過払い金の利息
借換え・借り増・途中完済があったら
取引経過の開示がなければ推定計算
取引経過一部開示には残高ゼロで計算
クレジットカードでも過払いになることがあるが
サラ金へ返還請求書
サラ金金返せ
みなし弁済など問題ない
法改正でなくなるみなし弁済
和解後の過払い金返還請求
返済が終わっているのに請求するのか?
サラ金が和解を申し入れてきたら
裁判しなくても取り戻せるか
和解の合意から支払いまで
過払い金を返してくれないなら裁判
過払い金返還請求の訴状を書く
サラ金の答弁書には何が書いてある?
法廷に出る
裁判を起こしてから和解
移送申立
反論には再反論
一度借金を精算するか返済を続けるか
自分で借金の整理をするか専門家に任せるか
弁護士依頼時の注意
弁護士に借金整理と弁護を依頼
残った借金は任意整理・特定調停で処理
個人再生・自己破産について
法律はあなたを助ける
クレジット・サラ金問題の弁護士会 相談窓口
全国の司法書士会の所在地・連絡番号
クレジット・サラ金問題の苦情申立先
都道府県の貸金業担当部課係
財団法人 法律扶助協会(法律相談先)
天国か?地獄か?ここが運命の分かれ道!元取立て屋が教える〜ブラックリストへの記載をされずに過払い金請求をする方法!〜
リンク集
過払い金請求・特定調停・裁判までも自分で出来る、元「借金問題専門 弁護士秘書」の借金減額マニュアル
過払い金返還請求完全マニュアル(ビデオ編)

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
キャッシング 無利息



消費者金融へ過払い金請求をしよう! All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。