消費者金融へ過払い金請求をしよう! 

過払い金強奪プロジェクト「ワルの超借金返済術!」

消費者金融(サラ金)に借金をしている方、過去にされた方!違法な金利で借りてはいませんか?違法金利で借りた場合過払い金が発生します。過払い金はあなたのお金です。間違いなく取り戻せます。

サイトマップ

過払い金返還請求のデメリット

嫌がらせをされたり、ブラックリストに載ったりするのか?

現在では過酷な取立てをするサラ金は少なくなりました。



サラ金の営業や取立てについての貸金業規制法や金融庁の事務ガイドラインによって厳格な規制がなされているためでしょう。

禁止行為がいくつかあり、違反するようであれば刑事告訴もできますし、違法な取立てによる精神的な苦痛を理由に慰謝料の請求も可能なのです。

取立てなどが、禁止行為に抵触していれば、サラ金が登録している財務局や都道府県知事に対して業務停止や貸金業登録の取消などの行政処分を求めることもできます。

そのような処分を受けることはサラ金にとって大きなダメージとなる(商売が成り立たなくなってしまいます)ので、過払い金の請求をしたことによって、脅迫されるとか嫌がらせをされることはないでしょう。

禁止行為は、たとえば過剰貸付の禁止、威嚇による取立ての禁止、指定時間外の取立ての禁止、勤務先への取立ての禁止、などです。

ところで、民間の信用情報機関(全国信用情報センター連合会、CIC、CCB、全国銀行個人情報センター)が返済の遅れや、破産や民事再生の申立てなどの事故情報をまとめたデータベース…すなわちブラックリストというものがあります。

ブラックリストに載ると言うと、犯罪の前科のように考えて、社会生活がマイナスになる、不利益が生じる、大変なことになると誤解をすることがあるかもしれませんが、ブラックリストに載ることのデメリットはさほど重大なことではありません。

たとえブラックリストに載せられたとしても、生活にさしたる影響はないのです。

ですからサラ金が、過払い金返還請求をするとブラックリストに載ると脅かしたとしても、それを恐れて無理して返済を続けるのは本末転倒ということなのです。

過払い金の返還請求自体は、事故ではないので請求したからといってブラックリストに登録されるということはありません。

ただ、請求後には契約どおりの返済をやめることになるので、返済が遅れたという理由からサラ金が、事故情報ということで、信用情報機関に登録してしまい、結果、ブラックリストに載ることもあります。

でも、あくまでもこの民間団体のデータベースに載るだけで、何も国などの公的機関に、事故情報が登録されるわけではありません。


ブラックリストに載ることのデメリットとは?

ブラックリストに載ると大変な不利益を被ることになると考えて、神経質になることがあるかもしれません。

でも、たとえサラ金との間に事故が起こってブラックリストに載ったとしても、想像するようなデメリットはないのです。

それなのに、ブラックリストに載りたくないからと、無理な返済を続けている人もたくさんいるのです。

そこで、ブラックリストに載ることによる不利益はどんなことがあるか、考えられるものを次に挙げてみました。

まず、サラ金やクレジット会社、銀行などから一定期間お金を借りることができなくなります。

ローンを組んでのマンション購入、自動車購入ができなくなります(ローンではなくて、現金による購入であれば問題ありません)。

クレジットカードを返却するよう求められるとか、新たにクレジットカードを持つことができなくなるかもしれません。

でも、その程度です。

ブラックリストに載っても今までどおりの生活は続けられますし、戸籍や住民票にブラックリストに載ったという記載がなされるわけでもありません。

会社を辞める必要も辞めさせられることもありません。

サラ金の脅しや世の中の間違った情報で、ブラックリストに対する誤解が多いために過払い金の返還請求を躊躇する人が多いのですが、恐れないで請求してください。

自分ではできないのなら、弁護士などに依頼してもいいでしょう。

専門家が間に立てば、サラ金も嫌がらせをしたり、脅迫したりはしないでしょう。

ブラックリストのウソ・誤解

ブラックリストは民間団体のデータベースなので、民間団体だけで終わります。

ブラックリストに載ると戸籍や住民票に記載されるとか、選挙権がなくなるというのは間違いです。

会社が、ブラックリストに載ったことを理由に退職を迫ったりすれば労働基準法に違反することになるので、会社はそんなことはしないでしょう。

運転免許証の更新ができない、運転免許の取得ができない、パスポートの取得ができない、年金の受け取りができなくなる、健康保険が使えなくなる、生命保険がかけられない…すべてウソ、または誤解です。

5年から7年間はローンが組めず、クレジットカードが使えないと思いますが、現金であれば自動車の購入も問題ありません。

借金体質の悪循環を改めることのほうが、先決でしょう。

専門家に依頼することなく、自分でやってまるまるお金を残せる、過払い金返還請求マニュアル。
借金を減らしてお金が戻ってくる
サラ金への返済は法律違反
悪いのは金を貸すサラ金
今すぐ借金をゼロにできる
サラ金は違法な金利で金貸し
払い過ぎた借金を取り戻せる
4年で半額7年でゼロになる
過払いなら戻ってくる
過払い金を取り戻すために
サラ金の出方やり方
取引経過請求
借入を開始した日を思い出す
取引経過がごまかされていたら
取引経過を開示しなかったら
過払い金返還請求のデメリット
取引経過から過払い金を計算
過払い金の利息
借換え・借り増・途中完済があったら
取引経過の開示がなければ推定計算
取引経過一部開示には残高ゼロで計算
クレジットカードでも過払いになることがあるが
サラ金へ返還請求書
サラ金金返せ
みなし弁済など問題ない
法改正でなくなるみなし弁済
和解後の過払い金返還請求
返済が終わっているのに請求するのか?
サラ金が和解を申し入れてきたら
裁判しなくても取り戻せるか
和解の合意から支払いまで
過払い金を返してくれないなら裁判
過払い金返還請求の訴状を書く
サラ金の答弁書には何が書いてある?
法廷に出る
裁判を起こしてから和解
移送申立
反論には再反論
一度借金を精算するか返済を続けるか
自分で借金の整理をするか専門家に任せるか
弁護士依頼時の注意
弁護士に借金整理と弁護を依頼
残った借金は任意整理・特定調停で処理
個人再生・自己破産について
法律はあなたを助ける
クレジット・サラ金問題の弁護士会 相談窓口
全国の司法書士会の所在地・連絡番号
クレジット・サラ金問題の苦情申立先
都道府県の貸金業担当部課係
財団法人 法律扶助協会(法律相談先)
天国か?地獄か?ここが運命の分かれ道!元取立て屋が教える〜ブラックリストへの記載をされずに過払い金請求をする方法!〜
リンク集
過払い金請求・特定調停・裁判までも自分で出来る、元「借金問題専門 弁護士秘書」の借金減額マニュアル
過払い金返還請求完全マニュアル(ビデオ編)

サラリーマンにもあった!節税&資産形成実践マニュアル!
住友信託銀行 住宅ローン 金利



































消費者金融へ過払い金請求をしよう! All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。